一般内科

Internal
内科

内科

普段の暮らしのなかで、大切なペットの様子にちょっとした変化や違和感を感じるようでしたら、早めの受診をおすすめします。たとえば、咳やくしゃみなどの症状にも、重篤な疾患が隠されていることがあります。当院では、幅広い分野の知識を持った獣医師が在籍していますので、もし疾患を発見した場合には、飼い主様とご相談しながら、適切な検査や治療をご提案させていただきます。「あれっ? いつもとちょっと様子が違う……」、と気になることがありましたら、早めに当院までご相談ください。

こんなお悩みありませんか

主な症状 考えられる疾患
嘔吐、下痢、血便 寄生虫、異物誤食、胃腸炎、膵炎、腫瘍、消化管ポリープ、中毒
やせてきた 甲状腺機能亢進症、腫瘍、炎症性腸疾患(IBD)、膵外分泌不全(EPI)
くしゃみ、鼻水、鼻血 鼻炎、鼻腔内異物、鼻腔内腫瘍、猫風邪(猫上部気道疾患、FVR)、歯根膿瘍
ケンネルコフ(気管支炎)、気管虚脱、フィラリア症(糸状虫症)、喘息、心臓病
呼吸がおかしい 肺炎、肺水腫、胸水、腫瘍、熱中症、喉頭炎、喉頭虚脱、気胸、肺血栓、熱中症
血尿、頻尿、尿が出ない 膀胱炎、尿石症、尿道閉塞、前立腺癌、膀胱アトニー、移行上皮癌
貧血 出血、寄生虫、中毒、鉄欠乏、腎不全、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、腫瘍
尿や目が黄色い 肝炎、胆嚢粘液嚢腫、胆管閉塞、溶血、猫伝染性腹膜炎(FIP)
水をたくさん飲む、尿が多い 腎不全、糖尿病、クッシング症候群、子宮蓄膿症
お腹が張っている 腹水、子宮蓄膿症、腹腔内腫瘍、便秘、胃捻転

診療内容

  • 診療科目
  • 消化器
  • 肝・胆嚢・膵臓
  • 呼吸器
  • 泌尿器
  • 感染症
  • 生殖器
  • 血液疾患
  • 内分泌

鍼灸治療
【予約制】

当院では、西洋医学的治療、東洋医学的治療のお互いが補助し合う、よりよい形でQOL(クオリティーオブライフ 生命の質)を高めてあげることが出来ればと考え、鍼灸治療を始めました。

鍼灸治療

鍼灸治療

東洋医学では「気」が正常に流れているときは健康ですが、「気」の流れが滞ると病気が発生すると考えています。鍼灸治療とは経穴(ツボ)を刺激することにより「気」を調節し、自然治癒力を高める療法です。

鍼灸で経穴を刺激することで、神経系が刺激され、鎮痛物質や脳内ホルモンが産生されます。それにより痛みの軽減や、免疫力をあげる作用があることがわかっています。

効果

鍼灸治療は以下のような効果が期待できます。

  • 神経疾患(椎間板ヘルニアなど)による麻痺の改善、手術後のリハビリ
  • 慢性消化器疾患(下痢・嘔吐・便秘など)の改善
  • アレルギー・慢性腎不全などでの薬の減量や症状の緩和

※その他の症状についてはご相談ください。

治療時間

当院では、東洋医学の一つである中医学に基づき、十分な問診と舌・脈・肉球など全身を診て治療していきます。
治療時間の目安は、初回は1時間半前後、2回目以降は1時間弱となります。そのため、鍼灸治療は予約制としています。

治療回数・時間

治療回数・時間

始めのうちは1週間に1回、1~2か月程度の継続をお勧めいたします。個体差もございますが、その後は2週間に1回など、状態に応じて回数の増減を行います。
問題となる症状が改善した後も、状態を維持するために月1回程度メンテナンス治療を行うことをお勧めしています。

費用

一部保険会社で適応となっております。詳しくはスタッフにお問い合わせください。

当院での鍼灸治療の流れ

① まず治療の前にカウンセリングを行います。病気の経緯、体質、食事、性格などに関して詳しく伺います。
② 舌・脈・肉球など、全身を診て東洋医学的な診察を行い、体質と体調を診断いたします。
③ 鍼灸・マッサージなどそれぞれに合った治療プログラムをたてます。

※注射針よりもかなり細い針を使用するため、痛みはほとんど感じません。過敏に反応したり、触られることが苦手なわんちゃん・ねこちゃんにはご自宅でのマッサージやお灸など負担の少ない方法をご提案いたします

その他

鍼灸治療は補助療法のため、一度当院で通常の診察を受けていただく必要があります。病状によっては、血液検査やレントゲン検査等を受けて頂いたり、西洋薬を併用したりすることもございます。ご了承ください。

診療時間

OPEN 10:00~13:00 / 16:00~19:00
※最終受付18:45

診療時間

〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-11-15フィオーレヒロオ2F