皮膚科

Dermatology
皮膚科

皮膚科

皮膚の疾患は異変に気づきやすいのが特徴です。当院では、小さな異変を見つけたら、すぐに皮膚科で診てもらうことをおすすめしています。動物たちは外を歩くだけでも、ノミやダニによって感染症などを発症してしまうこともあり、重篤な疾患に繋がる場合もあります。当院では、高度な治療をご提供するのはもちろんですが、日頃から行えるスキンケアの指導も行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

このようなお悩みはありませんか?

こんなお悩みありませんか

主な症状 考えられる疾患
皮膚が痒い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎、免疫性皮膚疾患
皮膚が赤い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、食物アレルギー、アトピー性膚炎、免疫性皮膚疾患
発疹がある 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎、免疫性皮膚疾患
耳が臭い 細菌性外耳炎、マラセチア性外耳炎、耳道内異物、耳ダニ症、耳道腫瘍、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、中耳炎
頭をふる 細菌性外耳炎、マラセチア性外耳炎、耳道内異物、耳ダニ症、耳道腫瘍、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、中耳炎
フケが多い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、脂腺炎、皮膚糸状菌症、疥癬症、ニキビダニ症、脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、腫瘍、甲状腺機能低下症
しこりがある 皮膚糸状菌症、マラセチア性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎、膿皮症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、免疫性皮膚疾患、ニキビダニ症、腫瘍
毛が抜ける 甲状腺機能低下症、アトピー性皮膚炎、副腎皮質機能亢進症、アロペシアX、性ホルモン関連性皮膚疾患、脂腺炎、膿皮症、ノミアレルギー性皮膚炎、マラセチア性皮膚炎、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、脂漏症、脂腺炎、腫瘍、食物アレルギー
皮膚病が治らない 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、脂腺炎、脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、免疫性皮膚疾患、腫瘍、アロペシアX、性ホルモン関連性皮膚疾患、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症

診療内容

診療科目
  • 皮膚科
  • アレルギー科
鍼灸治療も対応

獣医師による鍼灸治療も対応しております。
人間同様、犬も病気やケガなどに対しての自然治癒力をもっています。
また、人間と同じように体中に「ツボ」、そして「ツボを結んだ経絡」があります。

鍼灸治療はそれらのツボを鍼灸で刺激を与えることにより、生体のエネルギーの流れである「気」の流れを整え、犬が本来持っている自然治癒力を高めます。

鍼灸はこんな子におススメ

食欲不振、下痢、嘔吐、便秘、心臓病、腎臓病、眼疾患、耳疾患、内分泌疾患、自己免疫疾患、椎間板ヘルニア、腰痛、美っこ、膝蓋骨脱臼、皮膚病、犬アトピー性皮膚炎、繰り返す膀胱炎、てんかん、体の痛み、足腰の弱り、問題行動、夜鳴き、疼痛管理、高齢動物や介護動物の体調管理、腫瘍のターミナル期、終末期のケア